男女

専門学校選びからマンガ家や声優への道を踏み出す

必要な知識はここで学ぶ

女の子のイラスト

マンガは日本人にとって身近な文化の1つです。マンガからアニメになる作品も多くあり、最近はドラマになる作品も増えています。マンガと言っても紙のマンガだけではありません。スマートフォンでマンガを読む人もいます。そんなマンガを書いているマンガ家に憧れる人は少なくありません。一昔前は、個人でマンガ家になる技術を磨き、気に入った出版社の主催するコンテストへ応募するというのが一般的なマンガ家のなり方でした。しかし、近年は技術を磨くために専門学校へ通う人が増えています。専門学校では、まずデッサンやクロッキーといった絵を描く技術を学びます。美術の授業でデッサンやクロッキーに挑戦した人もいるでしょう。瓶や果物など動かない静物を見たまま描くことです。デッサンやクロッキーを繰り返すことで、イメージを形にする力が付き絵が上手くなるのです。マンガは自分で絵を描くだけではありません。背景と呼ばれる部分にトーンという効果が書かれたシールを貼ることもあります。どこにどのようなトーンを使うかでシーンの意味や雰囲気が違ってきます。マンガで重要なのはストーリー構成です。面白くないとマンガは読んでもらえません。豊かな想像力、発想力が鍵です。魅力的なストーリーを作るテクニックを専門学校では学ぶことができます。専門学校なら、作品をプロのマンガ家にチェックしてもらうこともできます。また、プロから直接アドバイスを貰えるいい環境と言えるでしょう。

Copyright© 2016 専門学校選びからマンガ家や声優への道を踏み出す All Rights Reserved.